2015年8月10日

dnvmコマンド覚書

基本は list install alias use だけ覚えておけばOK。

dnvm list: インストールされているランタイムを列挙する。

>dnvm list

Active Version           Runtime Architecture OperatingSystem Alias
------ -------           ------- ------------ --------------- -----
       1.0.0-beta6       clr     x86          win
       1.0.0-beta7-12290 coreclr x64          win
       1.0.0-beta7-12302 coreclr x64          win
       1.0.0-beta7-12321 clr     x86          win
  *    1.0.0-beta7-12321 coreclr x64          win             default


dnvm install: ランタイムのインストールする。

rubyやnodeのアレやソレみたいにオンラインのランタイムを検索する手続きがないのがイモい。

>dnvm install 1.0.0-beta6 -r coreclr
Downloading dnx-coreclr-win-x64.1.0.0-beta6 from https://www.nuget.org/api/v2
Installing to C:\Users\admin\.dnx\runtimes\dnx-coreclr-win-x64.1.0.0-beta6
Adding C:\Users\admin\.dnx\runtimes\dnx-coreclr-win-x64.1.0.0-beta6\bin to process PATH
Compiling native images for dnx-coreclr-win-x64.1.0.0-beta6 to improve startup performance...
Finished native image compilation.

dnvm install で指定できるオプション。

usage:
  dnvm install [] [-arch ] [-r ] [-OS ] [-a ] [-f] [-Proxy ] [-NoNative] [-Ngen] [-Persistent] [-Unstable]

   1.0.0-beta7-12290 みたいに文字列で書く…

  -arch                CPUアーキテクチャ (default: x86)
  -r                   インストールするランタイムの種別。clr(winのみ)、coreclr、mono(非winのみ) (default: clr)
  -OS                  ターゲットOS (default: win)
  -a                   インストール時にエイリアス名を一緒に設定する
  -f                   所謂force
  -Proxy               プロキシ
  -NoNative            clrでngenを走らせないようにする
  -Ngen                clrでngenを走らせるようにする。管理者で実行するときはdefaultで有効
  -Persistent          ユーザープロファイル下ではなく全ユーザーで使えるようにインストールする? (未確認)
  -Unstable            bataリポジトリを見に行く

dnvm alias: エイリアスを作る、消す。

>dnvm alias default 1.0.0-beta7-12321 -arch x64 -r coreclr -OS win
Setting alias 'default' to 'dnx-coreclr-win-x64.1.0.0-beta7-12321'

>dnvm list
Active Version           Runtime Architecture OperatingSystem Alias
------ -------           ------- ------------ --------------- -----
       1.0.0-beta6       clr     x86          win
  *    1.0.0-beta6       coreclr x64          win
       1.0.0-beta7-12290 coreclr x64          win
       1.0.0-beta7-12302 coreclr x64          win
       1.0.0-beta7-12321 clr     x86          win
       1.0.0-beta7-12321 coreclr x64          win             default


>dnvm alias -d default
Removing alias default

>dnvm list
Active Version           Runtime Architecture OperatingSystem Alias
------ -------           ------- ------------ --------------- -----
       1.0.0-beta6       clr     x86          win
  *    1.0.0-beta6       coreclr x64          win
       1.0.0-beta7-12290 coreclr x64          win
       1.0.0-beta7-12302 coreclr x64          win
       1.0.0-beta7-12321 clr     x86          win
       1.0.0-beta7-12321 coreclr x64          win

>dnvm alias default 1.0.0-beta7-12321 -arch x64 -r coreclr -OS win
Setting alias 'default' to 'dnx-coreclr-win-x64.1.0.0-beta7-12321'

dnvm use: デフォルトのランタイムを指定する。

バージョンなどの諸条件を設定する他に、エイリアス名でも指定可能。

>dnvm list
Active Version           Runtime Architecture OperatingSystem Alias
------ -------           ------- ------------ --------------- -----
       1.0.0-beta6       clr     x86          win
  *    1.0.0-beta6       coreclr x64          win
       1.0.0-beta7-12290 coreclr x64          win
       1.0.0-beta7-12302 coreclr x64          win
       1.0.0-beta7-12321 clr     x86          win
       1.0.0-beta7-12321 coreclr x64          win             default


>dnvm use default
Adding C:\Users\admin\.dnx\runtimes\dnx-coreclr-win-x64.1.0.0-beta7-12321\bin to process PATH

>dnvm list
Active Version           Runtime Architecture OperatingSystem Alias
------ -------           ------- ------------ --------------- -----
       1.0.0-beta6       clr     x86          win
       1.0.0-beta6       coreclr x64          win
       1.0.0-beta7-12290 coreclr x64          win
       1.0.0-beta7-12302 coreclr x64          win
       1.0.0-beta7-12321 clr     x86          win
  *    1.0.0-beta7-12321 coreclr x64          win             default

>dnvm use 1.0.0-beta7-12321 -arch x86 -r clr -OS win
Adding C:\Users\admin\.dnx\runtimes\dnx-clr-win-x86.1.0.0-beta7-12321\bin to process PATH

>dnvm list
Active Version           Runtime Architecture OperatingSystem Alias
------ -------           ------- ------------ --------------- -----
       1.0.0-beta6       clr     x86          win
       1.0.0-beta6       coreclr x64          win
       1.0.0-beta7-12290 coreclr x64          win
       1.0.0-beta7-12302 coreclr x64          win
  *    1.0.0-beta7-12321 clr     x86          win
       1.0.0-beta7-12321 coreclr x64          win             default


あまり使わないシリーズ。

dnvm run: 指定したランタイムのdnxコマンドを実行する。

特定のランタイムでちゃっちゃっと動かしたいときに?

>dnvm run -r clr 1.0.0-beta6
Microsoft .NET Execution environment CLR-x86-1.0.0-beta6-12256

Usage: dnx [options]

Options:
  --appbase                  Application base directory path
  --lib                 Paths used for library look-up
  --debug                          Waits for the debugger to attach before beginning execution.
  -?|-h|--help                     Show help information
  --version                        Show version information
  --watch                          Watch file changes
  --packages          Directory containing packages
  --configuration   The configuration to run under
  --port                     The port to the compilation server

dnvm upgrade: activeなランタイムを更新する。

使えるオプションはdnvm installと同じ。

>dnvm upgrade
Determining latest version
Downloading dnx-clr-win-x86.1.0.0-beta6 from https://www.nuget.org/api/v2
Installing to C:\Users\admin\.dnx\runtimes\dnx-clr-win-x86.1.0.0-beta6
Adding C:\Users\admin\.dnx\runtimes\dnx-clr-win-x86.1.0.0-beta6\bin to process PATH
Adding C:\Users\admin\.dnx\runtimes\dnx-clr-win-x86.1.0.0-beta6\bin to user PATH
Setting alias 'default' to 'dnx-clr-win-x86.1.0.0-beta6'

dnvm setup: dnvmコマンドをインストールする。

dnvmコマンドをユーザープロファイル下にコピーして環境変数を設定する。インストール時に自動で走るはずだが後から手動でも叩ける。


>dnvm setup
Installing .NET Version Manager to C:\Users\admin\.dnx\bin
Installing 'dnvm.ps1' to 'C:\Users\admin\.dnx\bin' ...
  Skipping: file already exists
Installing 'dnvm.cmd' to 'C:\Users\admin\.dnx\bin' ...
  Skipping: file already exists
Adding C:\Users\admin\.dnx\bin to Process PATH
Adding C:\Users\admin\.dnx\bin to User PATH
Adding C:\Users\admin\.dnx to Process DNX_HOME
Adding C:\Users\admin\.dnx to User DNX_HOME

海上自衛隊第1術科学校 (2015-07-20)

見学には事前の予約が必要です。

第1術科学校:基地見学
http://www.mod.go.jp/msdf/onemss/kengaku/

若き自衛官と幹部候補生の方々の学び舎です。会うと会釈されて緊張する。。

自衛隊・旧軍関連なのに人気の観光スポットとして扱われてて不思議だったのですが、行ってみてなるほど納得です。とても満足度が高い。


大講堂。旧呉鎮守府も唖然とさせられましたが、こちらは更におとぎの国感があります。



おもしろい教官の方が案内してくれます。





なんか昔こんな建物で透明の天皇陛下に陳情するシーンのあった映画を見た記憶があるのですが思い出せないまま今を生きています。










ファンタジーだわ…







教育参考館。 http://www.mod.go.jp/msdf/onemss/about/facility/index-sankou.html

先の大戦で亡くなられた方の遺品や遺言状、また旧軍が収集した美術品 (横山大観や藤田嗣治がぞろぞろ)や、陸奥や青葉の御紋章などが収められています。



撮影不可のため自分の目で見るしかありません。東郷元帥、山本五十六、ネルソン提督の遺髪。。は見ることも許されません。



真珠湾攻撃で用いられた甲標的の実物。



その奥には忌々しいものがあります。





陸奥の砲塔。





待合室の二階には海上自衛隊歴史ゾーンとしてちょっとした資料館があります。これも楽しい。

フルスクラッチのおふねの模型がたくさん。



測距儀が実際に試せます! はじめて触った…感動…



























ここには私の大好きな 梨… わかばの発射管や砲もあるのですが見学ルートには含まれていませんでした。団体見学でお願いすると見させてくれるかもしれません。





































第1術科学校のある江田島への行き方。

大和ミュージアムのフェリー乗り場からおふねでいくのが便利です。




途中で自衛隊基地が見えたりする楽しいクルーズ、15分ぐらい。


江田島についたらあとはバスかタクシーで行きます。


こんなおふねも出てるみたい。たのしそう。


旧呉鎮守府庁舎 (2015-07-19)


見学には事前の予約が必要です。

呉地方隊:イベント情報【日曜日の一般公開】
http://www.mod.go.jp/msdf/kure/info/facilities/index.html










背面も幽玄な佇まい。海軍の偉い人は海から来るんで裏のほうが重要なんですって奥様。



よくわかんない大砲。※自衛隊の方もよくわからないようです